Programプログラム

パフォーマンスエリア

【実施場所・エリア】
蜻蛉池公園大芝生広場内ステージ

・Spinna B-ILL

シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。「ライオンの子」でレゲエリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。
その後はSimply Redのギタリスト、Kenji Jammerとの活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL” となる。2020年6月にはナンバーワンダンスホールバンドとの呼び声高いHOME GROWNとアルバムをリリース。レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと、最早ジャンルの壁はない。
大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を得ている。
ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた歌詞もまたファンを魅了している。
フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。まさにOne&Onlyなシンガーであると言えるだろう。
公式サイトhttps://www.spinnab-ill.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/spinna_b/

・HARTY

新庄剛志氏に憧れ野球を始め、高校時代に甲子園に出場。
卒業後、ジャマイカへと渡り、本場のREAL MUSICを目の当たりにし全国のCLUBを回りだす。地上波CMに『2人のために』が岸和田グランドホールのCMソングとしてタイアップ。
2018年〜2020年まで西日本最大級の音楽フェスMUSICCIRCUSに名高いアーティストの中連続出演。NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』や『岸和田少年愚連隊』で出演する川崎亜沙美とのコラボソング『FURUSATO~ちょうちんのあかり~』YOSHIMOTO MUSICからメジャーデビューを果たす。

BIGBOSSこと新庄剛志監督が自ら名乗りを上げプロデュースを手がけたBIGBOSS登場曲『%1』でオリコンチャート上位にランクイン

岸和田市出身の今最も目の離せないシンガー ソングライターである。

・775

南大阪、岸和田市出身の女性REGGAE DEEJAY。 幼い頃からREGGAEや様々な音楽に囲まれて育ち、10代半ばから地元のClubなどを中心にREGGAE DEEJAYのキャリアをスタート。 流行りに流されないそのスタイルは、数少ない女性アーティストの中でも唯一無二な存在。

・GBC

2020年初頭
“G.B.C CAMP In SAYO 2020″をRELEASE以降、各地でLiveや個々の活動も垣間見える中、遂に待望の第2弾となる
“G.B.C CAMP In SAYO 2021″がRELEASE。
Covid-19化の中、社会に溜まった不安や不満を描写したNo. “System” 、
どこにいてもHoodに思いを込め書き上げたNo. “For My Hood” など、
心撃たれること間違いない作品に仕上がった今作。
5人の魂がここに。
“Camp Is Back”

・岸和田竹大使

岸和田市政100年を迎えるにあたり、岸和田の地に新しく生まれるまちゆめがヶ丘の特徴である竹資源の活用と竹の町としてのPRを目指して、岸和田市出身の川崎亜紗美さんが初代「岸和田竹大使」に任命されました